コピー機のセルフメンテナンスについて

日々の業務の中で、コピー機トラブルで困ったことはありませんか。コピー機で何か困ったことがあれば、保守契約をしている業者を呼びますが、業者が来るまでの間コピー機が使えなくなってしまいます。コピー機をフル稼働で使うような現場だと、コピー機が使えないは業務に支障をきたしてしまうことになってしまいます。ここでは、コピー機のセルフメンテナンスについてご紹介します。

線が入る

印刷物に線が入ってしまうことがあります。黒い線の場合は、スキャナーが汚れていることが考えられます。原稿を置く場所をきれいにする必要がありますので、コピー機のマニュアルに従い掃除してください。コピー機の読み取り部分の汚れはそのまま印刷され、画質が悪くなってしまうので気をつけましょう。 印刷物に白い線が入ってしまう場合は、ドラム部品の不良の可能性が高いです。ドラムはコピー機にとって重要な部品です。この場合は保守メンテナンスを委託している業者に連絡しましょう。

紙詰まり

オフィスでよくおこるトラブルの一つであるコピー機の「紙詰まり」は、画面の操作に従い詰まった紙を取り除きます。まずどこで紙詰まりが起きているかが問題です。コピー用紙は、用紙をセットしてあるところから給紙され、搬送ローラで運ばれ転写ベルトや定着ユニットを通って印字されるしくみになっています。

様々な箇所で紙詰まりを起こす可能性はあり、いつも同じ場所とは限りません。どこで紙詰まりを起こしたのかが画面上に出ますが、その場所を見ても紙詰まりを起こしているようなコピー用紙が見当たらない場合があります。そうした場合は紙詰まりを起こす可能性がある箇所を、すべて開けて見てみましょう。

紙詰まりしたコピー用紙を取る際は、紙の破片がまた紙詰まりの原因になるので、破けないように注意して取り除きましょう。また、コピー用紙が湿気ってしまうと紙詰まりを起こしやすくなります。梅雨時期などは特に気をつける必要があります。

コピー用紙を包んでいる紙は湿気対策されているものが多いので、使う分だけ給紙トレーにセットして、他は湿気ってしまわないようにその中で保管しましょう。乾燥剤を入れておくのもおすすめです。

当社では格安中古コピー機の販売、及び保守メンテナンスを承っております。全国展開をしていますので、激安の中古コピー機をお探しの方、リースをお考えの方、当社までお気軽にご相談ください。

複合機シリーズ OA機器シリーズ 各種サービスなど リース/分割払い ソーシャルメディア
お得な月払いはこちら お得な月払いはこちら お得な月払いはこちら